0726863230

治療内容Treatment

形成外科治療

老人性色素斑(しみ)

老人性色素斑(しみ)とは

・一般的にいわれる、「シミ」のことです。

 

・顔、手の甲、うで、脚(膝下)などにできる茶色いシミです。

 

・日焼けが原因です。

 

・膨れてくると脂漏性角化症(老人性イボ、老人性疣贅)と呼ばれます。

 

・薄い茶色から濃い茶色まであります。

 

・大きさは様々で、数mm~数cmまであります。

 

・日焼けによりできるので、10歳代の方でもできることがあります。

治療方法

・Qスイッチルビーレーザー治療

 

・ピコ秒レーザー治療

 

・炭酸ガスレーザー治療(ふくれているシミの場合)

 

 

Qスイッチルビーレーザー、ピコ秒レーザー治療、炭酸ガスレーザー治療の経過

 

・老人性色素斑(しみ)はレーザーで治療をします。

 

・麻酔はしません。氷で冷やしながらレーザー治療を行います。(希望があれば局所麻酔をします)

 

・治療時間は30秒~2分です。

 

・治療後、新しい皮膚ができあがるまで7~10日間、絆創膏を貼る必要があります。

 

・ピコ秒レーザー治療の場合は絆創膏を貼らない場合があります。

 

・洗顔、入浴は当日から可能です。

レーザー治療後の跡形

・シミは通常1回の治療で取れます。

 

・跡形はしばらく赤黒く(色素沈着に)なりますが、数ヶ月でほとんど消えて分からないくらいになります。

 

・1年経過しても色素沈着が薄くならない場合は、取りきれていない可能性があります。その場合はもう一度レーザー治療を行います。

 

・肝斑の内服薬トラネキサム酸を内服したり、トレチノインを外用すると色素沈着が早く消えます。

手術費用

美容目的のレーザー治療の場合は自費治療となります。

 

 

1mmサイズ : 1.000円(税別)

 

例) 5mmの場合5.000円(税別)、 10mmの場合10.000円(税別)です。

 

※自費初診料2.000円(税別)、自費再診料500円(税別)が別途かかります。