0726863230

治療内容Treatment

レーザー治療

太田母斑(青あざ)

太田母斑(青あざ)とは

太田母斑とは、顔の半分に青い色がでるあざのことを言います。

生後1年以内くらいから色が出始めます。通常は青い色ですが、茶色い場合もあります。

成長と共に色が濃くなることが多く、数回のレーザー治療であざの青色を取り除くことが可能です。

 

治療方法

・Qスイッチ付ルビーレーザー治療

 

・ピコ秒レーザー治療

レーザー治療の経過

1. 患部にレーザーを照射します。

 

2. 1回目のレーザー治療から、3ヶ月~6ヶ月後に2回目のレーザー治療をおこないます。

 

3. これを繰り返し行い、2回~8回レーザー治療をすると色が薄くなります。

 

 

※局所麻酔でレーザー治療を行います。

※薄皮のかさぶたが剥がれるまでの7日~10日間は絆創膏を貼る必要があります。

※入浴は当日から可能ですが、レーザー治療部位は洗うことができません。

※1回の治療で、太田母斑は消えません。繰り返し治療をして、段々薄くしていきます。

レーザー治療後の跡形

レーザー治療は、通常傷跡は残りませんが、治療部位を擦るなどすると、傷跡が残ることがあります。

 

跡形はしばらく赤黒く(色素沈着に)なりますが、数ヶ月でほとんど消えて分からないくらいになります。

色素沈着が取れた頃に、2回目のレーザー治療をおこないます。

治療費用

太田母斑のQスイッチルビーレーザー治療は、健康保険の治療です。

 

 

・3割負担の場合 : 6.000~12.000円(治療範囲で負担額が変動)

 

・ピコ秒レーザーの場合は、自費治療になります。