0726863230

治療内容Treatment

形成外科治療

表皮母斑

表皮母斑(ひょうひぼはん)とは

・原因不明の、生まれつきか幼少時からできる、膨らんだあざ(母斑)です。

 

・新生児1000人に1人の割合で発症します。

 

・体が成長すると、その比率に合わせて、母斑も大きくなります。

 

・限局型、広範型、炎症型の3タイプがあります。

 

・限局型(疣状母斑)とは母斑がイボ状にできていて、それが集まって並んでいるようになります。当院で治療しているのは限局型になります。

治療方法

① 切除手術

 

② 皮膚剥削術

 

③ レーザー治療等

 

切除手術の経過

・日帰り手術です。

 

・局所麻酔で行います。麻酔時に多少の痛みがありますが、手術中の痛みはありません。

 

・切除から縫合までの時間は場所と大きさで異なりますが、平均5~20分で終わります。

 

・手術後1~7日間ガーゼによる圧迫をします。2~3日目以降は多少水にぬれてもかまいませんが、糸で縫合した状態ですので無理はしないでください。

 

・術後1週間前後経ってから抜糸をします。場所によっては2週間位で抜糸をすることもあります。

 

 

手術後の傷跡

 

・傷跡が残ります。少し赤みをともなっていますが、時間の経過と共に目立たなくなります。

 

・傷跡の大きさは部位や表皮母斑の大きさにより変わります。

 

・傷跡は細いしわや線のようになります。

 

・傷跡が気になる方は、テープ固定治療やスポンジ圧迫治療を数ヶ月行うと、さらにきれいに仕上がります。

 

・ケロイド体質の方は傷跡が目立つ場合があり、ケロイド治療をする場合があります。

 

皮膚剥削術の経過

・グラインダー等で削り取ります。

 

・局所麻酔で行います。麻酔時に多少の痛みがありますが、治療中の痛みはありません。

 

・治療時間は場所と大きさで異なりますが、平均5~20分で終わります。

 

・治療後は2~3週間絆創膏を貼ります。治療当日からシャワー程度の入浴は可能です。

 

・2~3週間経過すると新しい皮膚ができあがります。

 

・しばらく跡形になりますが、3ヶ月~12ヶ月すると目立たなくなります。

レーザー治療等の経過

・皮膚剥削術をレーザーを使って行います。治療経過は皮膚剥削術と同じです。

 

 

皮膚剥削術、レーザー治療の傷跡

 

・切除手術に比べると傷跡が残りにくいですが、場所によっては、傷跡になることもあります。

 

・これら削り取る治療の場合は、表皮母斑が再発することもあります。

 

・ケロイド体質の方は傷跡が目立つ場合があり、治療後にケロイド治療をする場合があります。

治療費用

切除手術や皮膚剥削術は健康保険の治療です。

 

3割負担の場合 : 4.000~40.000円

 

※治療箇所や大きさにより費用が変わります。診察時に説明を行います。

 

※レーザー治療の場合は自費治療になります。直径1㎝サイズで10.000円+消費税になります。